テノール 長尾隆央 のblog

テノール歌手、長尾隆央のブログです。 出演する公演情報から日常のふとしたこと、感じたこと。 音楽を中心にUPしていきます。

エレガントノーツ

2017/05/15 02:27 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(0) Edit

たまには自分がメインの演奏会のご案内を。
ご来場くださいますととてもとてもうれしいです。

~~~~~~~~~~

6月3日(土)に開催されます、僕たちの主催演奏会です。

《ソプラノ・山田英津子&男声カルテット・エレガントノーツ ジョイントコンサート》

昨年様々な“ジョイント”で好評を博した2016年に続き、
声と声に 声を重ねて彩られる絶妙なハーモニーが、
更にグレードアップして再登場です。


17796531_1812165622440829_4420558338209961003_n.jpg


17800298_1812165642440827_2395634109480624620_n.jpg


~~~~~~~~~~~~~


2017年6月3日(土) 13:30開演
みなとみらいホール・小ホール

ソプラノ:山田英津子
エレガントノーツ:前田ヒロミツ、長尾隆央、渡邊朋哉、渡部智也
ピアノ:前田勝則
賛助出演:みなとみらい昼どき合唱団、E&Eクワイア


~Program~

歌の翼に
献呈
中国地方の子守歌
そうらん節
ハンガリー舞曲
ウエストサイドストーリーより
etc...

全席自由 3000円


~~~~~~~~~~~~~

この男声カルテット「エレガントノーツ」は、
僕が男声のアンサンブルが歌いたい!!と一念発起し、
心から信頼する歌仲間に相談をもちかけ、去年結成する運びとなりました。

ドイツ、イングランド、イタリア、ロシア、アメリカ。
それぞれの得意な音楽の分野は異なりますが、
良いところを提示しあい、1+1+1+1=10にも20にもなるような活動ができればと願い、
練習を重ねているところです。

真面目に、奇をてらわず、正統派のカルテットをお届けします。
今回、かねてより歌いたくて歌いたくてウズウズしていた曲を歌えることに。
がんばるぞー。

ぜひご来場を!
年に一度でかまいません!
ブルーベリーや野菜を育てているだけではない、
本来のテノール長尾の姿をお確かめに!!笑

みなとみらいホールでお会いできたら幸いです。
スポンサーサイト

日唱

2017/04/13 22:54 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(4) Edit

先日の日唱定期、
満員のお客様でいっぱいのなか、松平朗先生の作品の夕べは無事に終わりました。

0001 (2)


日唱定期ではソロを歌うのは初めて?だったような気がします。


17887070_889667607842668_1859042264_o.jpg


17862833_442513349418963_5804054195464818602_n.jpg


17901848_889668647842564_257755193_o.jpg



終演後、先生を舞台上へエスコートするの図。

17901812_889669781175784_1150363979_o.jpg


17887415_889669691175793_1662729605_o.jpg

次に日唱に乗るのは11月かな?
11月の日唱定期は僕が企画を立案、担当し、マネージメントをする演奏会でもあります。
内容を発表できるようになりましたらご案内します。




さて…
去年の秋から続いた演奏会ラッシュもここで一区切り。
6月のエレガントノーツのコンサートまで大きなものはない、かな。
相当体も喉も疲れてます。


16日から少しの間ですが青森へ。
久しぶりの帰省、まとまった休暇となります。

故郷の美味しい水と空気と山と海の幸を食べて、
リフレッシュするぞ~。

シューベルト

2017/04/08 23:08 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(0) Edit

日曜日の本番の練習で、
昨日今日と東京文化会館でオーケストラ合わせが行われました。

0001 (1)
0002.jpg



オーケストラは都響さん。
やはりオーケストラが加わると俄然響きに広がりが生まれ、
素晴らしい音に包まれます。


練習の時点から感じていましたが、
これは絶対に素晴らしい演奏になる予感がしています。
もちろん、半分くらいのメンバーは合間にワーグナーの神々の黄昏も歌っていて、
本当に休みなく歌っていて疲労困憊なのは間違いないのですけれど。


しかし、そんな状態でも、皆さんすごいんです。
日本最大音量の爆音声量が持ち味の団体ではあるが、
ピアニシモで歌ってるときの皆さんのあの深い音色は、他では聞けない。
音取り練習のときなんかは声を半分以下で楽に歌って稽古しますが、
その声半分以下のときでもとっても良い音なんです。
豊かな深い響き。


声の持つ圧倒的な魅力を感じながら、
日本でもこういう響きでシューベルトの合唱曲を歌えるのか…
と、練習ですら感動しながら末席にて歌ってます。




そして今回の個人的な最高の収穫は、
シューベルトの男声合唱曲と出会えたこと。

歌曲のイメージがありますがシューベルトは合唱曲もたくさん作曲していて、
そのなかでも男声合唱曲は実は多いです。
当時、合唱、男声合唱が流行していたことがわかります。

学生時代、サントリーホールのシューベルティアーデの企画で何曲かは歌いましたが、
今回のD714は本当にすごい。

男声8部。
テノール4声、バス4声。それぞれ4人ずつの32人。
オーケストラの編成はヴィオラ、チェロ、コントラバス、今回は8人。

以下、だいたいの訳はこんなかんじです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「Gesang der Geister uber den Wassern」 D714
水上の精霊たちの歌
詩 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

Des Menschen Seele      人間の魂は
Gleicht dem Wasser:       水に似ている。
Vom Himmel kommt es,     天から降り、
Zum Himmel steigt es,      天に昇り、
Und wieder nieder         そして再び
Zur Erde mus es,         大地に降りてきて、
Ewig wechselnd.          永遠に変容する。

Stromt von der hohen,      高く険しい岩壁から
Steilen Felswand         清らかな一筋の水が
Der reine Strahl,         流れ落ちると、
Dann staubt er lieblich     平らな岩に当たって
In Wolkenwellen         霧の波のような
Zum glatten Fels,        美しい飛沫をあげる。
Und leicht empfangen,     そして勢いは和らげられ、
Wallt er verschleiernd,     水煙に覆われながら、
Leisrauschend          かすかな音を立てつつ
Zur Tiefe nieder.         深みへと落ちてゆく。

Ragen Klippen           急流に対して
Dem Sturz entgegen,      岩礁が立ちはだかると、
Schaumt er unmutig       怒ったように波は泡立ち
Stufenweise            段々に
Zum Abgrund.           谷間へと落ちてゆく。

Im flachen Bette          平らな川床に出ると
Schleicht er das Wiesental hin, 水流は谷間の草原をゆっくりと進み、
Und in dem glatten See      波一つない湖にたどり着くと
Weiden ihr Antlitz          その表面に
Alle Gestirne.            すべての星を映して楽しませる。

Wind ist der Welle          風は波の
Lieblicher Buhler;          かわいらしい恋人。
Wind mischt vom Grund aus   風は川底からかき混ぜて
Schaumende Wogen.        泡立つ大波を起こす。

Seele des Menschen,        人間の魂よ、
Wie gleichst du dem Wasser!    おまえはなんと水に似ていることか!
Schicksal des Menschen,      人間の運命よ、
Wie gleichst du dem Wind!     おまえはなんと風に似ていることか!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日のオケ合わせが終わった後も、
テノールで集まって、どうしたらいいか作戦会議をしました。

こういうことがプロが集まった集団で起きることはほとんどないです。
プレイヤー側がなにか問題点を感じていても、
指揮者がいいっていってるんだから今のでいいだろ、はい帰ろとなるのが常です。
日本だけではなくて、むしろ外国のほうがこういう傾向があります。
言われたこと以上はやらない。


しかし「お仕事」という感覚だけでやっているわけではなくて、
歌手、テノールとしてのプライドもそうですし、
危機感もありますが、良いものにしたいという気持ち、姿勢の表れというのでしょうか。

どっかの劇場付の合唱団ではありえない。
この団体に対していろいろ言われていることはありますが、
音楽をするという面では実力もそうですが意識という面でも素晴らしいメンバーがそろっているな、
と感じた稽古終わりでした。


さあ、明日は楽しんで頑張ってきます。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけではないですが・・・

0001 (2)

シューベルトが終わった次の日はこれ。
源氏物語を題材にした合唱曲のなかで、
僕は光源氏役でソロを歌います。
もっとカッコいいイケメンテノールが歌うと様になるんだろうけれど・・・笑
チケットは完売の様子、満員のお客さんの前で一生懸命イケメンぶってきます。

春の気配

2017/03/27 22:42 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(6) Edit

忙しくてだいぶさぼっちゃいました。

上着なしでぽかぽかのお庭に出てたと思ったら、
凍えるような寒さ。
でも、さくらの花がちらちらと咲き始めて、春が来るな~と実感しますね。


我が家でも花が咲いて、
にぎやかになってきました。



DSC_2899.jpg

ブルーベリー、ラビットアイのクライマックス。
いつもこんなにピンクだったかな~と思うくらい、今年はやけにピンク。
うかれてるのかね。
しかしラビットアイが咲き始めると、春はもうすぐそこ、という感じ。


DSC_2892.jpg

ブルーベリーたちもみんな目を覚まして、
いつ春が来てもいいぞと準備万端ですね。
ちなみに僕は結果させる5年生くらいまでは内向きの枝と枯れ枝以外はほとんど剪定しない方針。
誘引もほぼしないし自分たちで好きなようにのびのび育ちなさいな、という放任。
おかげでこのファーシング4年生3株はワッサワサですね。



DSC_2897.jpg

数日前の暖かな朝、
レタスにとまっていたハチ君。
君たちの来訪を心待ちにしていたのだよ!
もっと群れを成してきてくださいお願いします。




DSC_2875.jpg

2月ごろから玄関脇で長々と咲いてくれているクリスマスローズ。
シャイで下向きに咲くこの子たちは階段下から見るとよく見えちゃいます、ふふふ。
お客さんがたくさん訪れる我が家、いつも綺麗な花で出迎えたいものです。
ついついほったらかし気味になるけれど。
うーん、気をつけよう。



DSC_2890.jpg

DSC_2893.jpg

いちごも満開です。
今年は品種はとちおとめだけ。
数も少なくて30株くらい。
大きくて甘くて美味しいいちごを作るってのは…至難の業ですね。
育ててわかる、いちご農家の技術すごすぎる。




DSC_2888.jpg

DSC_2889.jpg

ついつい剪定した枝を挿し木しちゃいました。
ブライトウェルを3本だけ。
いきなりスリット鉢に挿しちゃってるあたりに、やる気の無さが見て取れます。笑
場所ないし、根が出たらもうけもの、くらいで。






そうそう、先日の土曜日、
船堀タワーホールで行われました、
ハイドンコレギウム主催、ハイドン作曲のオラトリオ、
「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」無事に終演しました。

リハーサルの様子↓

FB_IMG_1490411966326.jpg


終演後、ロビーにてみんなで復興募金を呼びかけ。
沢山のご協力頂きまして、本当にありがとうございました。
ついでに一枚撮ったところ↓

1490361443341.jpg

今回特に感じたのは、アルトの重要性。
テノールにとってアルトの音がしっかり聞こえてくるということの素晴らしさ。
田村さんはその辺にごまんといるソプラノくずれのメゾじゃないってことだ。
アルトとテノールは内声で頻繁に3度、4度、5度で一緒に動くしよくユニゾンになる。
アンサンブルが多い今回のこの曲は、一緒に歌っててとても楽しかった。


なにはともあれ、作品の良さ、ハイドンの作曲の素晴らしさに感動するとても有意義な期間でした。


この演奏会あけて土、日、月と非常にハードだったので泥のように寝ますzzz

シューベルト

2017/03/13 01:00 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(0) Edit

今日は朝早くからハイドンのオラトリオ、
「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」のオケ合わせでした。

今回この機会を頂いて初めて触れたこの作品、
最初の印象は地味で取っつきにくくて歌うほうも聞くほうも大変だなというものだったけれど、
わかってくるとそれはもう底が見えない奥深さと計り知れない魅力と本当に良く出来た名曲だということ。

20170324_omote.jpg


20170324_ura.jpg




招待券が手元にあります、ぜひお越しくださいませ。
そして夜はシューベルトの男声合唱の稽古でした。

0001 (1)

0002_20170313004648a1c.jpg



シューベルトのミサ6番、水上の精霊の歌。

どちらも合唱好きとしては本当にやりがい歌い甲斐があるすごい大曲。
特に水上の精霊の歌、D714!

男声8部。
テノール4声、バス4声。
こんなのプロじゃないとやらない、やれない。出来ない。

音取れてきて楽しくなってきました。
ここにいるのは完全ソリストさまたち。
周りはみんな有名人。
特にバス。
テノールだってみんなすごい。



そしてミサ6番は、去年やった5番以上にこれでもか!とフーガ続出。
転調ありまくりの激難。
しかし構成力のある長い長いフーガをたくさん歌える幸せ。


死ぬ間際のこの時期シューベルトは対位法を本気で勉強していたので、
この曲でたくさん試してみた感はある。

31歳でこれだけのものを作曲していたのだから、
もし5番のように手直しされてたら…
そしてその後長生きしてたらベートヴェンのミサソレムニス以上のとんでもない曲が出来てたかも…
と思うのはシューベルト好きのたらればなのかな。



ウィーンで訪れた、
シューベルトの生家、最後の家、そしてお墓。

DSC07603 (768x1024)


DSC02641 (1024x768)


DSC02644 (1024x768)


DSC02647 (1024x768)


DSC02648 (1024x768)


DSC02650 (1024x768)


DSC02660 (1024x768)


DSC02664 (1024x768)


DSC02682 (1024x768)


DSC02687 (1024x768)


DSC02693 (1024x768)





今日はドイツ人のディクション指導がいらしてくださいました。
この方はヨーロッパ各国の合唱団でもドイツ語の指導をされていたかたで、
私たちのドイツ語、音を聞いてどこの合唱団よりも丁寧にドイツ語を発音して、
音も本当に最高だ、と言ってくれています。

プロが本気で歌うシューベルトのミサ曲6番と男声合唱曲。
これはとってもオススメな演奏会です。
他ではまず聞けません。
こちらもぜひどうぞ。

プロフィール

zigeuner710

Author:zigeuner710
こんにちは!
テノール歌手の長尾隆央のブログへ
ようこそお越しくださいました!

mixiやfacebookではなく、
まったくの個人のページが欲しいなぁと思い立ち、ブログを開設しました。

音楽のこと、日常のこと、趣味のこと。

そういったものを日記という形でUPしていこうと思います。

2012年よりここ横浜の我が家での、
趣味のいちごとブルーベリー、
家庭菜園の様子もUPしております。

リンクフリーです。

出演情報
2014年12月16日
日本合唱協会
バッハ作曲
クリスマスオラトリオ
於:東京文化会館

・・・・・・・・・・・・・

2014年12月14日
クリスマスコンサート
ピアノ三重奏+Tenor
於:レジデンス亀戸
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月30日
草加市演奏家協会
ハートフルコンサート
ハイドン作曲
オラトリオ「天地創造」
Sop:高橋彩
Ten:長尾隆央
Bas:植田真史

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月14日
西本智実/イルミナートフィル
オーチャードホール定期演奏会
オルフ「カルミナ・ブラーナ」
Chor:イルミナート合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月1日
ハイドンコレギウム
Haydn「Große Orgelmesse」
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
Orch:ハイドンコレギウムプレイヤーズ
Chor:ハイドンコレギウムシンガーズ
於:西浅草ミレニアムホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月24日(金)
東京トロイカ合唱団
第21回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
19:00開演
於:東京カテドラル聖マリア大聖堂

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月2,5,8,11,14日
新国立劇場
「パルジファル」
指揮:飯守泰次郎
合唱:新国立合唱団
Orc:東京フィルハーモニー交響楽団

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月30日
栄光メサイアソサエティコンサート
Mozart「Requiem」
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月2日
コンツェントゥスムジクス東京
Bach「ヨハネ受難曲」
指揮:小久保大輔
Chor:レゾナンツカペレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月20
八王子フィルハーモニー合唱団
Faure「Requiem」
於:八王子オリンパスホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月6日
ロシア芸術フェスティバル
小金井交流センター
音楽劇「寒い秋」
Bas:渡部智也
Ten:前田ヒロミツ他
ロシアの歌
Bas:岸本力
ロシアの合唱曲etc...

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月21日
日本合唱協会
第192回定期演奏会
「ルネサンス アカペラ」
お話:皆川達夫
指揮:金川明裕
Chor:室内合唱団日唱
開演 14時
於:渋谷区文化総合センター大和田
  伝承ホール

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月1日
tomoya friends quartet
特別演奏会
Ten:前田ヒロミツ
Ten:長尾隆央
Bar:沼田盛也
Bas:渡部智也
清里音楽ホールセレナーデ

・・・・・・・・・・・・・

2014年4月11,18日
日本合唱協会
第191回定期演奏会
「華麗なるウィーン」
ウィンナワルツ特集
指揮:山崎滋
Vl:佐久間大和
Pf:松元博志
Chor:室内合唱団日唱

18:30 開演
11日 川口リリアホール
18日 青葉台フィリアホール



・・・・・・・・・・・・・

2014年4月6日
杉並オラトリオ合唱団
Mozart「Requiem」(レヴィン版)
客演指揮:ヴィート・クレメンテ
Sop:須崎由紀子
Alt:永井和子
Ten:小貫岩夫
Bas:小松英典

Traetta「Stabat Mater」
Sop:須崎木の実
Alt:奥野恵子
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也

管弦楽:アンサンブルofトウキョウ
合唱:杉並オラトリオ合唱団
東京ハウプトコーア




・・・・・・・・・・・・・

2014年2月23日
本多記念協会
バッハ作曲
「ヨハネ受難曲」
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央(エヴァンゲリスト)
Sop:井内理恵
Alt:柳原竜子
Bas:小藤洋平
合唱:コール・アトレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年2月8日
東京海上フィルハーモニックオーケストラ
定期演奏会
ミューザ川崎
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:髙橋敦
Sop:山田英津子
Alt:木下泰子
Ten:長尾隆央
Bas:太田代将孝
合唱:東京海上合唱団



・・・・・・・・・・・・・

2014年1月25、26日
NHK交響楽団
第1774回 定期演奏会
NHKホール
オルフ作曲
「カトゥリ・カルミナ」
「カルミナ・ブラーナ」
指揮:ファビオ・ルイージ
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年1月12日
ハイドンコレギウム
五反田文化センター
バッハ作曲
「gmollミサ」
指揮:右近大次郎
Alt:池端歩
Tenor:長尾隆央
Bas:齊藤州重
合唱ハイドンコレギウムシンガーズ

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月24,25,26日
都響スペシャル
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:エリアフ・インバル
二期会合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月6日、7日
NHK交響楽団
第1770回 定期公演
NHKホール
ベルリオーズ作曲
「テ・デウム」
指揮:シャルル・デュトワ
合唱:国立音楽大学

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月1日
横浜市中区音楽祭
指揮:長尾隆央
合唱:クワイヤーM

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月24日
草加市演奏家協会
モーツァルト作曲
歌劇「魔笛」
タミーノ:長尾隆央

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月8日、10日
NHK交響楽団
第1766回 定期公演
NHKホール
ヴェルディ作曲
歌劇「シモン・ボッカネグラ」
指揮:ネルロ・サンティ

・・・・・・・・・・・・・

2013年10月20日
NPO音楽の共同作業場
オペラシティコンサートホール
ベートーヴェン作曲
「荘厳ミサ」
指揮:ジェームズ・ジョン
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月15日
日本合唱協会
東京文化会館
「まほろばを歌う」V
寺山修司 作詞
諸井誠 作曲
シアターピース「花札伝綺」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月10日
東京フィルハーモニー管弦楽団
第82回東京オペラシティ定期シリーズ
オペラシティコンサートホール
ヘンツェ作曲
「交響曲第9番」
指揮:沼尻 竜典
ピアノ:小菅 優
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年9月15日
八王子オリンパスホール
西本智美プロデュース公演
「カルミナ・ブラーナ」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年8月2日
東京文化会館小ホール
日本合唱協会
第187回定期演奏会


・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月23日
杉並公会堂
Verdi:Requiem
指揮:郡司博

・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月6日
五反田文化センター
Haydn:聖ニコライミサ 他
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
orch&合唱:ハイドンコレギウム

・・・・・・・・・・・・・・

2013年6月29日
横浜はまぎんホール
読売カルチャーミュージックフェスタ
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
合唱:コール・アトレ 他

・・・・・・・・・・・・・・

2013月6月14,15日
NHKホール
Rossini:Stabat Mater
指揮:チョン・ミョンフン
Orch:NHK交響楽団
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年4月20日
渋谷教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
合唱:青学OSOG合唱団
orch:CMT

・・・・・・・・・・・・・・

2013年3月25日
小金井市民交流センター大ホール
Mozart:レクイエム
指揮:右近大次郎
Sop:見角悠代
Alt:池端歩
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也 他
合唱:ハイドンコレギウム合唱団

00-2.jpg


2013年2月24日(日)
本多記念教会
Bach:ヨハネ受難曲
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
Bas:山村秋児 他
合唱:コール・アトレ


2013年1月12日(土)
新宿文化センター大ホール
音楽復興支援プロジェクト
Mozart:雀のミサ
指揮:牧野成史
Sop:石原千歳
Alt:三宮美穂
Ten:長尾隆央
Bas:井口和彦
合唱:所沢バッハアカデミー他

00-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

2012年12月2日
本多記念教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
ピアノ:奥山初枝
Sop:鈴木晶子
Alt:柳原竜子
Ten:長尾隆央
Bas:沼田盛也
合唱:コール・アトレ



・・・・・・・・・・・・・・

2012年11月10日(土)
東大和市ハミングホール
混声合唱団もくせい
第9回演奏会
モーツァルト:レクイエム
指揮:小津 準策
ソプラノ:石田 美樹子
メゾソプラノ:甲斐川 ゆき子
テノール:長尾 隆央
バス:須山 智文
合唱:混声合唱団もくせい


・・・・・・・・・・・・・・

2012年10月19日(金)
東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京トロイカ合唱団
第19回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
2012web