テノール 長尾隆央 のblog

テノール歌手、長尾隆央のブログです。 出演する公演情報から日常のふとしたこと、感じたこと。 音楽を中心にUPしていきます。

セレナーデ

2014/05/30 00:15 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(2) Edit

6月1日、山梨県北杜市清里にあるペンション、セレナーデでコンサートに出演します。

男声カルテットで出演します(*^_^*)




《Tomoya-Friends-Quartette》
Ten1:長尾隆央
Ten2:前田ヒロミツ
Bar:沼田盛也
Bas:渡部智也



セレナーデは八ヶ岳の麓にあり、音楽ホールが備わった素敵なペンション。
曲目は源田俊一郎さん編曲の男声版「故郷の四季」の他、
「最上川舟歌」「西瓜の名産地」etc...


結成初コンサート。
4人とも、学年こそ違いますが大学時代は合唱サークル、カンマーコールで頑張ってきました。
卒業してからも活動を共に出来るのは幸せなことですね。
今回を皮切りに、カルテットもそうですがダブルカルテット等、
男声アンサンブルを近場でも企画できるといいなあ。


前日、土曜日は同じセレナーデで渡部智也&前田ヒロミツ両氏による、
《モーツァルトとサリエリ》というオペラも上演されます。


とにもかくにも頑張ります~(`・ω・´)!
スポンサーサイト

Tomas Luis de Victoria

2014/05/28 18:31 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(4) Edit

「O magnum mysterium」





「O magnum mysterium」=「おお、大いなる神秘」

O magnum mysterium,          おお、大いなる神秘 
et admirabile sacramentum,       素晴らしき秘蹟、
ut animalia viderent            動物たちは見た
Dominum natum,              飼い葉桶に横たわる
jacentem in praesepio.          生まれたばかりの王を。
O beata Virgo,               おお、祝福されし処女よ
cujus viscera meruerunt portare    宿すにふさわしい方
Dominum Jesum Christum.       主イエス・キリストを。
Alleluja.                   アレルヤ。


16世紀、スペインの作曲家ヴィクトリアの作品。
クリスマスに歌われる、イエス誕生の喜び、聖母マリアへの賛美歌、モテットです。
モテット=このルネサンスの時代では、ラテン語の宗教的歌詞による多声部声楽曲をいいます。

10小節、バスが入ってくるところのハーモニーは身震いします。
出だしはなんとも不安げなかんじ。
学者先生がたはこれを神秘的といっていますが。。。

プレイヤー側としては歌い出しがパートソロでロングトーン、
大きく下がって大きく上がるという音型は単純で難しくごまかしがきかないし裸になるしで怖いです。
それゆえに10小節のバスが入ったときのハーモニーの充実ぶり、安心感はとてつもない。
ここまではテーマの提示であって、ここから音楽が始まるといっていい。


内容は待ち望んだものがやっとおとずれたという喜びに溢れたものです。
はじめは祈りに満ちた静謐で厳かなものですが、ふつふつとその喜びが湧いてきます。
半音進行が、じわじわと湧き上がる喜びを表していると思います。
やったーーーー!!!!ぱんぱかぱーーーん!!!という音楽ではないですね。


jacentem~からバス+テノールの2声とソプラノ+アルトの2声の音楽になり、
盛り上がっていったんピカルディで終始します。
O beata~から祈りの音楽が戻り、Allelujaから歓喜の3拍子の音楽になり喜びが頂点、
その3拍子も4拍子に変化、解放され、アーメン終始。
テノールが美味しいところをもらっていきます。
テノール万歳、Alleluja。

Victoriaはこのテーマを用いたミサ、
「missa o magnum mysterium」を作曲していますから、こちらも演奏してみると面白いですね。


たまにはちゃんと譜面を前にして、作曲者、曲と向き合ってみるのも面白いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



サカタのダリア「陽だまりの星」が綺麗に咲いてくれました~(・´з`・)

DSC01r725.jpg

ダリアは初めてだったのでちゃんと咲いてくれてひと安心。
花芽もたくさんでているので長く楽しめそうです。



オニールが毎日ちょこちょこ採れてます。

DSC01728t.jpg

ブルーベラーのみなさんのブログを拝見していると、
横浜沿岸はしっかり暖地なんだなあと。。。
そりゃひ弱なノーザンはぼろぼろ調子崩すわけです。


しかし全部家族の口に入って僕はまだ味見できていない件。

いいんです。。。喜んでもらえれば。。。
でもジュエルとサファイアはあげないもんね。。。

William Byrd

2014/05/25 23:07 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(6) Edit

来月にある演奏会のなかで、
ルネサンスのものばかり取り上げるコンサートがあります。
2日から始まる稽古にあたって目下音取り中なのですが、
その中から1曲。

ウィリアム・バード(William Byrd)作曲
「Ave verum corpus」






Ave verum corpusはMozartのものが有名ですが、
このByrdの曲、そしてFauréの曲も名曲とされ歌い愛されています。

このByrdのAve verum corpus、
僕が高校一年生の時に音楽部に入部して初めて歌った曲です。
当時は何が何だかわからず歌っていましたが(^_^;)
僕の合唱人生はこの曲から始まったんですね。
そう考えると感慨深い。

10何年前にちょっと歌っただけの曲なのに今でも暗譜してますから、
若いときの記憶力はすごいなぁ。笑

アカペラ、3声+1声、2声+2声で動く、ちょこちょことフーガのように動く、
がっちりと決めるところは4声、アーメン終止締めはテノールがピカルディ。
この時代の音楽のスタイルどまんなかのとてもシンプルな構造ですが、
一切無駄の無いとてつもない構成。
こういうのは歌ってて非常に楽しいし、ハーモニーを作る楽しさ、
歯車の一つになれる喜びを味わえ、
そしてとても難しい。
この時代のものをたくさん歌える機会がもっともっと欲しいなあ・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バジル定植しました~(・´з`・)

DSC01717.jpg

DSC01718.jpg

今年はレッドルービンバジルちゃんを新たに加え、26株体制で臨みます。
まだ去年作ったジェノベーゼが3瓶くらい残ってますから、
十分間に合いました!よかった~。

他の野菜が不作でも、バジルの不作は許されないので。。。
今年も頼んだぞ(`・ω・´)!

Amarilli, mia bella.

2014/05/23 18:50 ジャンル: Category:家庭菜園
TB(0) | CM(0) Edit

3月、アマリリスの大きな球根が近くのホームセンターで投げ売りされていた。


球根にアマリリスと書かれたテープが巻かれていただけの姿で、
あまりに不憫に思い救出。
品種もなにもわからなかったが。。。



大きな大きな花を咲かせてくれた。



調べてみると品種はルートヴィヒ系スザンナというのに似ています。

フランス民謡、ヘンリー・ギース作曲のアマリリス、
小学校の頃音楽の授業で歌ったなぁ。



Amarilli, mia bella

これは16世紀の作曲家Giulio CacciniのAmarilli, mia bellaというマドリガル。
アマリリス、イタリア語でアマリッリ。これで歌われている対象は人名でしょうけど。

一番乗り

2014/05/22 00:33 ジャンル: Category:ブルーベリー
TB(0) | CM(2) Edit

今年の一番果。




やはりオニールでした(・´з`・)
これだけ見るとまるでスターみたいですね。笑
去年よりちょっとだけ早いかな??


これから早生からどんどん熟していくと思うと!
わくわくしますね(*^_^*)

もう少し

2014/05/19 21:08 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) Edit

チャンドラー様の様子。

DSC01691 (1024x768)

DSC01690 (1024x768)

さすが、幼果でもすでに風格がありますよね。
果たしてタイタンにその地位を脅かされることとなるのでしょうか。
はてさて。。。



ブライトウェル。

DSC01653 (1024x768)

我が家にはブライトウェルは5本あって、
この子達が一番の稼ぎ頭です。
花も実もたくさんつけてくれて、シュートもがんがん伸びてくれます。
甘いのが好きな家族からは一番の評価です。

ハイブッシュの美味さ、難しさを解って欲しいなぁとは思いつつも、
喜んでもらえれば何でもいいわけですが。



生長が旺盛なのでちょっと油断すると、
幼果に水切れの兆候が出てしまいます。
特にこの時期は水遣りのタイミングが難しい(+_+)
いつも慌ててお水をあげることになります(+_+)


今年もティフは受粉率がとっても悪いです。。。
多く見積もっても2割かな。
ブライトウェルの受粉にはとっても役立っている気がするんだけれど。



3月末に播種したバジル。
今年もジェノベーゼを20瓶ほど作ります(`・ω・´)!

DSC01662 (1024x768)

葉っぱを食べるものだから農薬は使いたくなくて、
バジルとパセリとセロリとシソは毎年種から。

また、今年は珍しいバジルにも挑戦。

DSC01659 (1024x768)

レッドルービンバジルというそうです。
赤紫のバジル。

黒紫のダークオパールバジルは知っていましたが、
近所では種がどこにも売ってないので諦めていました。
しかし3月に横浜のサカタのガーデンでこのレッドルービンの種を見つけ購入。
ダークオパールの改良品らしいですが。。。
何が改良されたかは知りません。笑

こんな見た目ですが香りは間違いなくバジル。
葉をお酢に漬けて真っ赤なワインビネガー作れるらしい。
これで出来るジェノベーゼの味はどんなかな…楽しみです(*^_^*)

ニコニコットも実が大きくなってきました(*^_^*)

DSC01693 (1024x768)


メシア

2014/05/17 23:38 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) Edit

我が家の庭に救世主が降臨。

DSC_0059.jpg

マイヤーレモンの新芽に群がるアブラムシ…
そこにナミテントウの幼虫がいました。
近くに数匹、そしてナミテントウの成虫も。
今年は暖かいので少し早めに現れてくれたかな!!(*^_^*)



鑑賞用花のエリアを整理していたら。。。

DSC_0075.jpg

子カマちゃんがピョンと飛び出してきました。

こいつも小さいうちはアブラムシを食べてくれて、
大きくなるとアオムシを食べてくれる素晴らしいナイスガイ。
いやナイスガールかもしれないけれど。

DSC_0076.jpg

頑張ってくれ!と期待を込めてレモンとブルーベリーの樹に放しました。

アブラムシを絶賛駆逐、頼んだぞ(`・ω・´)


しかし今年は虫が多いな…
現在、カメムシが大発生中でございます(+_+)

レモンの花咲く

2014/05/14 23:25 ジャンル: Category:家庭菜園
TB(0) | CM(2) Edit

庭のレモンの花が満開。

DSC01669 (1024x768)

今年大きなコンテナに植え替えし、
また今年は表年なのもあって、とんでもない数の花が咲いています。
冗談抜きに1000個以上咲いている状態。

DSC01671 (1024x768)

品種はポンテローザ、通称ジャンボレモン。
ここ1ヶ月、庭に出るとレモンの花の甘い香りにずーっと包まれています。
クチナシのような甘さ。

摘花はしません。
かなりの数が勝手に落ちますし、
受粉が成功して青くなった段階で数を整えます。
青くなってもどんどこ生理落下するしね。
青レモンも使えますから。

それに、レモンは不完全花があります。

不完全花
DSC01675 (1024x768)

完全花
DSC01677 (1024x768)

たくさん咲く花の中に、雌しべが有るものと無いものがあります。
不完全花は受粉のしようがないので実になりません。
咲いたら落下するだけです。
儚い。



マイヤーレモンはこれから。

DSC01685 (1024x768)

DSC01686 (1024x768)

花をあまり咲かせないように枝の先を剪定したのだけれど、
レモンは元気いっぱいな子なので咲かせちゃいますね。
3年生だからあまり生らせないようにしないと。



ポンカンの花

DSC01668 (1024x768)

DSC01664 (1024x768)

ポンカンはだいぶ花は終わりました。
真っ白、小ぶりで可憐な花。
可愛い。

リスボン、オタハイトもこれから。
花が咲いたらどのくらい香るのかな。
柑橘の甘い香り、いいですね。


お庭の隅っこでは。

DSC01687 (1024x768)

去年の暑さを乗り切って、ラベンダーが咲き始めました。
これも良い香り(*^_^*)

いちごのランナー

2014/05/13 16:59 ジャンル: Category:家庭菜園
TB(0) | CM(2) Edit

ここ毎日いちごの収穫がありますが、
あと2~3週間で終わりかな。

いちごはここからが大変ですよね。
夏の暑さにともなう水遣り、病害虫との戦い。
そしてランナーとり。


今年も100~150株くらい増やします。
管理がもうほんと大変です(*_*)


我が家ではランナーとりはこれを使っています。

DSC01647 (1024x768)

100円ショップでクリップを買って来て、
ぐいっと曲げます。

そして株が展開してきたら、
こんな感じで固定します。

DSC01648 (1024x768)

↑この状態ではまだ固定する必要はないのですけれど。
参考までに。

そして我が家ではちょっとでも病気になったり、
虫食いにあいやすかったりする株は破棄です(`・ω・´)

甘くて美味しかったり、花、実をたくさん付けた株の子株を優先的に採ります。
そうして選抜を繰り返します。
酸っぱいの沢山有ってもしょうがないもんね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ブルーベリーの様子。

レカ
DSC01654 (1024x768)

レカはここ横浜でも自根で十分行けますね。
すっごい元気。
接ぎ木だと比較的なんでもいけるのでしょうが。

今後スペースの問題も出てきますから、
自根ノーザンはレカ、デューク、ブリギッタ、ダローのみにしていきます。
僕の未熟な栽培技術では気むずかしい品種は枯らしてしまいますから。


デューク
DSC01657 (1024x768)


ダロー
DSC01658 (1024x768)

ダロー、最初はひ弱な感じでしたが、
3年目でぐぐぐぐっと育ってくれました。
4年生で始めて実をつけさせます。




ベッキーブルー・・・

DSC01701 (768x1024)

去年大関から買いましたが、
送られてきたときからまるで変化無くこんな感じ。
葉っぱは薄っぺらくて色も薄くて貧弱、ひ弱。
今年一年様子を見ます。リストラ候補。。。

同じ日に送られてきたアリスブルーはとっても元気で、
かつ美味しくて大好きなんだけどなぁ。。。


8号→5号鉢に植え替えてクエン酸と薄い液肥をあげました。
元気になれ~。

桃薫

2014/05/11 21:51 ジャンル: Category:家庭菜園
TB(0) | CM(2) Edit

我が家ではGWが終わるといちごの季節。

10250101_10152119797153404_2961506696218948707_n.jpg

今日の収穫~♪

淡いピンクのものが見えますが桃薫はこれで完熟です。



去年のあまりの酷暑により、
ランナーから採ったいちごの苗が夏を越せずに200株→30株と大激減した影響で、
今年のいちごの収穫量はかなり少ないです。
その上相変わらず鳥ちゃんたちはちょっとスキを見せるときれいに食べていきます。








その生き残ったいちごの品種は桃薫がほとんど。
最近聞くようになった品種ですが、
これが強健、剛健。
いちごの花壇にずらっといろんな品種を並べて植えていると、
同じ条件なのにひときわ大きい株が桃薫。

そのうえ、我が家のは去年の酷暑を乗り切った選抜された株たち。
つよい。丈夫。
うどん粉の気配一切無し。


味は…いちごではないなにか、です。
名前の通り、桃。ももいちご。
香りはすばらしい。


育てる側としては強い子は手がかからなくて可愛い。
…貧弱なら貧弱で手間がかかって可愛いんですけれど。

今年はいろいろ工夫をして、
なんとか来年の収穫を実りあるものにしたいなぁ。

プロフィール

zigeuner710

Author:zigeuner710
こんにちは!
テノール歌手の長尾隆央のブログへ
ようこそお越しくださいました!

mixiやfacebookではなく、
まったくの個人のページが欲しいなぁと思い立ち、ブログを開設しました。

音楽のこと、日常のこと、趣味のこと。

そういったものを日記という形でUPしていこうと思います。

2012年よりここ横浜の我が家での、
趣味のいちごとブルーベリー、
家庭菜園の様子もUPしております。

リンクフリーです。

出演情報
2014年12月16日
日本合唱協会
バッハ作曲
クリスマスオラトリオ
於:東京文化会館

・・・・・・・・・・・・・

2014年12月14日
クリスマスコンサート
ピアノ三重奏+Tenor
於:レジデンス亀戸
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月30日
草加市演奏家協会
ハートフルコンサート
ハイドン作曲
オラトリオ「天地創造」
Sop:高橋彩
Ten:長尾隆央
Bas:植田真史

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月14日
西本智実/イルミナートフィル
オーチャードホール定期演奏会
オルフ「カルミナ・ブラーナ」
Chor:イルミナート合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月1日
ハイドンコレギウム
Haydn「Große Orgelmesse」
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
Orch:ハイドンコレギウムプレイヤーズ
Chor:ハイドンコレギウムシンガーズ
於:西浅草ミレニアムホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月24日(金)
東京トロイカ合唱団
第21回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
19:00開演
於:東京カテドラル聖マリア大聖堂

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月2,5,8,11,14日
新国立劇場
「パルジファル」
指揮:飯守泰次郎
合唱:新国立合唱団
Orc:東京フィルハーモニー交響楽団

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月30日
栄光メサイアソサエティコンサート
Mozart「Requiem」
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月2日
コンツェントゥスムジクス東京
Bach「ヨハネ受難曲」
指揮:小久保大輔
Chor:レゾナンツカペレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月20
八王子フィルハーモニー合唱団
Faure「Requiem」
於:八王子オリンパスホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月6日
ロシア芸術フェスティバル
小金井交流センター
音楽劇「寒い秋」
Bas:渡部智也
Ten:前田ヒロミツ他
ロシアの歌
Bas:岸本力
ロシアの合唱曲etc...

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月21日
日本合唱協会
第192回定期演奏会
「ルネサンス アカペラ」
お話:皆川達夫
指揮:金川明裕
Chor:室内合唱団日唱
開演 14時
於:渋谷区文化総合センター大和田
  伝承ホール

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月1日
tomoya friends quartet
特別演奏会
Ten:前田ヒロミツ
Ten:長尾隆央
Bar:沼田盛也
Bas:渡部智也
清里音楽ホールセレナーデ

・・・・・・・・・・・・・

2014年4月11,18日
日本合唱協会
第191回定期演奏会
「華麗なるウィーン」
ウィンナワルツ特集
指揮:山崎滋
Vl:佐久間大和
Pf:松元博志
Chor:室内合唱団日唱

18:30 開演
11日 川口リリアホール
18日 青葉台フィリアホール



・・・・・・・・・・・・・

2014年4月6日
杉並オラトリオ合唱団
Mozart「Requiem」(レヴィン版)
客演指揮:ヴィート・クレメンテ
Sop:須崎由紀子
Alt:永井和子
Ten:小貫岩夫
Bas:小松英典

Traetta「Stabat Mater」
Sop:須崎木の実
Alt:奥野恵子
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也

管弦楽:アンサンブルofトウキョウ
合唱:杉並オラトリオ合唱団
東京ハウプトコーア




・・・・・・・・・・・・・

2014年2月23日
本多記念協会
バッハ作曲
「ヨハネ受難曲」
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央(エヴァンゲリスト)
Sop:井内理恵
Alt:柳原竜子
Bas:小藤洋平
合唱:コール・アトレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年2月8日
東京海上フィルハーモニックオーケストラ
定期演奏会
ミューザ川崎
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:髙橋敦
Sop:山田英津子
Alt:木下泰子
Ten:長尾隆央
Bas:太田代将孝
合唱:東京海上合唱団



・・・・・・・・・・・・・

2014年1月25、26日
NHK交響楽団
第1774回 定期演奏会
NHKホール
オルフ作曲
「カトゥリ・カルミナ」
「カルミナ・ブラーナ」
指揮:ファビオ・ルイージ
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年1月12日
ハイドンコレギウム
五反田文化センター
バッハ作曲
「gmollミサ」
指揮:右近大次郎
Alt:池端歩
Tenor:長尾隆央
Bas:齊藤州重
合唱ハイドンコレギウムシンガーズ

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月24,25,26日
都響スペシャル
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:エリアフ・インバル
二期会合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月6日、7日
NHK交響楽団
第1770回 定期公演
NHKホール
ベルリオーズ作曲
「テ・デウム」
指揮:シャルル・デュトワ
合唱:国立音楽大学

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月1日
横浜市中区音楽祭
指揮:長尾隆央
合唱:クワイヤーM

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月24日
草加市演奏家協会
モーツァルト作曲
歌劇「魔笛」
タミーノ:長尾隆央

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月8日、10日
NHK交響楽団
第1766回 定期公演
NHKホール
ヴェルディ作曲
歌劇「シモン・ボッカネグラ」
指揮:ネルロ・サンティ

・・・・・・・・・・・・・

2013年10月20日
NPO音楽の共同作業場
オペラシティコンサートホール
ベートーヴェン作曲
「荘厳ミサ」
指揮:ジェームズ・ジョン
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月15日
日本合唱協会
東京文化会館
「まほろばを歌う」V
寺山修司 作詞
諸井誠 作曲
シアターピース「花札伝綺」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月10日
東京フィルハーモニー管弦楽団
第82回東京オペラシティ定期シリーズ
オペラシティコンサートホール
ヘンツェ作曲
「交響曲第9番」
指揮:沼尻 竜典
ピアノ:小菅 優
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年9月15日
八王子オリンパスホール
西本智美プロデュース公演
「カルミナ・ブラーナ」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年8月2日
東京文化会館小ホール
日本合唱協会
第187回定期演奏会


・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月23日
杉並公会堂
Verdi:Requiem
指揮:郡司博

・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月6日
五反田文化センター
Haydn:聖ニコライミサ 他
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
orch&合唱:ハイドンコレギウム

・・・・・・・・・・・・・・

2013年6月29日
横浜はまぎんホール
読売カルチャーミュージックフェスタ
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
合唱:コール・アトレ 他

・・・・・・・・・・・・・・

2013月6月14,15日
NHKホール
Rossini:Stabat Mater
指揮:チョン・ミョンフン
Orch:NHK交響楽団
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年4月20日
渋谷教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
合唱:青学OSOG合唱団
orch:CMT

・・・・・・・・・・・・・・

2013年3月25日
小金井市民交流センター大ホール
Mozart:レクイエム
指揮:右近大次郎
Sop:見角悠代
Alt:池端歩
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也 他
合唱:ハイドンコレギウム合唱団

00-2.jpg


2013年2月24日(日)
本多記念教会
Bach:ヨハネ受難曲
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
Bas:山村秋児 他
合唱:コール・アトレ


2013年1月12日(土)
新宿文化センター大ホール
音楽復興支援プロジェクト
Mozart:雀のミサ
指揮:牧野成史
Sop:石原千歳
Alt:三宮美穂
Ten:長尾隆央
Bas:井口和彦
合唱:所沢バッハアカデミー他

00-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

2012年12月2日
本多記念教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
ピアノ:奥山初枝
Sop:鈴木晶子
Alt:柳原竜子
Ten:長尾隆央
Bas:沼田盛也
合唱:コール・アトレ



・・・・・・・・・・・・・・

2012年11月10日(土)
東大和市ハミングホール
混声合唱団もくせい
第9回演奏会
モーツァルト:レクイエム
指揮:小津 準策
ソプラノ:石田 美樹子
メゾソプラノ:甲斐川 ゆき子
テノール:長尾 隆央
バス:須山 智文
合唱:混声合唱団もくせい


・・・・・・・・・・・・・・

2012年10月19日(金)
東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京トロイカ合唱団
第19回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
2012web