テノール 長尾隆央 のblog

テノール歌手、長尾隆央のブログです。 出演する公演情報から日常のふとしたこと、感じたこと。 音楽を中心にUPしていきます。

毛虫 と 宇佐美

2015/08/30 02:03 ジャンル: Category:ブルーベリー
TB(0) | CM(4) Edit

涼しい!

まだ8月ですが、もはや秋の気配ですね。
こう涼しいとお庭での作業も楽。
早く蚊がいなくなって欲しい。


暑さがぶり返して残暑…
にはならないでほしいなあ。



↓はパウダーブルー。




少し油断すると…これです。
危ない。
この状態で発見できたので、
最小限の被害で済みました、よかった~。
まだまだ油断できませんね。
これからコガネちゃんたちの猛攻があるでしょうし。




~~~~~~


今回の宇佐美の遠い畑での作業は、
少し雨に打たれましたが涼しかったせいもありだいぶ捗りました。


①ミカン畑の草むしり、施肥

これは5時間くらいで終了。
アザミなど、トゲのある植物は大変。
どうも宇佐美はトゲトゲのが多い気がします。
肥料は鶏ふんと、ぼかし肥料をあげました。




②鹿対策

どうやら宇佐美の鹿ちゃんたちは温州みかんの葉が好きらしい。
前回植えた日南の姫をはじめ、
西南のひかり、興津、田口…
温州みかんの葉が食べ尽くされひどい有り様でした。

清見も。
親がそうだしやっぱり温州みかんの香りがするのかな。
はるみ、不知火、ネーブルはわりと被害は軽微。
好みではないらしい。


ちゃんと網を張ってあったのですが、
支柱を折って侵入されていました。
もうね、頭に来ちゃう。
葉を食べるだけではなく枝は折るし、
かじられた枝は枯れるし。

網を二重に張ってみました。
これでダメなら、鉄柵にします。
見映えは最悪になりますが、しょうがない。





③椎茸

寝かせて組んであったものを明るい日陰に立てかけ、
トンカチでガンガン叩きまくってきました。
でも今年は期待していなくて、
来年以降、楽しみにしています。



④土

斜面を段々畑にする計画を発動。
簡単にではあるけれど土留を設置。
この間伐ってもらった木を使ったりして。
これが結構大変。
2~3ヶ年計画で少しずつやります。


今回まずは赤土を4トンいれようと思いましたが、
あいにくの天候で持ち越し。
赤土はみのりの村で用意してくれるのですが、
伊東あたりで黒土を入れてくれる業者…
なかなか見つかりませんね。







4月に植えた西瓜。



な、なりました…!!

一切のお世話無し。
植えた場所も梅の木の根元。
割りと日陰。

つるは半分枯れ、葉も枯れ、
ぽつんとひとつ、
この子だけ残されておりました。



奇跡だ…笑



最高に美味しかった~!!
品種は、清涼甘。
来年は肥沃な土に植えてみよう。


スポンサーサイト

ツィンマーマン

2015/08/25 03:15 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(0) Edit

23日の日曜日、
サントリーサマーフェスティバル、
ツィンマーマンの「ある若い詩人のためのレクイエム」のコンサート、
終わりました。

写真はリハーサルのヒトコマ。




私は第3コーラスの第1グループ。
写真を撮ったこの位置で歌いました。
男声が18人。

客席挟んで反対側に、
第3コーラスの第2グループが男声18人。

舞台の後ろの、P席に混声の第1コーラス。

二階客席の後方に混声の第2コーラス。

総勢132人。


皆様素晴らしい声楽家ばかり。
それぞれ上手いし声も大きいんだけれど、
いざホールにきてテープとの絡みでバランスみたらこの倍の編成でもいいかな、と個人的には思った。
ホールも大きいしね。
あとは予算の問題かな。
これだけ人がいるのにパート私一人の時もあるくらいなんだから。





合唱はホールの四方に配置され、
スピーカーは八方に設置され。
つまりこの音響作品を堪能するには一階席中央がベストです。
それ以外の席では本当の意味で音の渦に飲み込まれないんじゃないかな。




終わって…
歌ってみて…
なんていうか…
とてつもない作品だなあ…


個人的に印象的だったのは、
壮絶なロングトーンfffのrequiem aeternam、
そして最後のDona nobis pacemからは、
強く強く平和を望んではいるものの、
人の手では絶対に平和は訪れることはない、
という絶望を感じた。





やっと解放された!
もう悩まされなくて済む!
もうこの黄色い楽譜とおさらばだ!
とせいせいしてホールを後にしたけれど、
終わったら終わったで少し寂しくもある、
不思議な感覚。


しかしどうやらまさかのツィンマーマンロスになった仲間もいる模様。
…嘘でしょ。



今回日本初演が成されたわけで、
しかしこれが再演されるにはいろんな面で大変だろうなあ。
まず、声楽の負担が重すぎる。





ちょうど涼しくなってきて、
いろんな意味で暑い暑い夏も終わりました。





~~~~~~~


ツィンマーマン終わって。
飲みたくて別件のとある打ち上げに合流。

みなとみらいのドッグヤードガーデンへ。



名前の通り、
ここでは世界のビールが楽しめます。

今日はチェコビール!




苦難を乗り越えたあとのビールは格別でした~。


宝石

2015/08/23 13:06 ジャンル: Category:ブルーベリー
TB(0) | CM(6) Edit

ブルーベリーの収穫も終盤。



ほぼバルドウィンとパウダーブルーです。

甘くて濃厚!
パウダーブルーはブルームがしっかりしていて、
綺麗な青でまるで宝石のようです。


パウダーは個人的に晩生ではピカイチ。
4本に増やしました。
開帳性なのが仕立てにくいけれど、
そのぶん収量も多いですね。






涼しくなってくるとお庭でBBQ。



焼きもろこし…大好きです。




今日はこれからサントリーホール。
先月から悩まされていたツィンマーマンのレクイエムがついに本番。
昨日のホールリハで初めて全体像を把握。

把握…?



こんなに難しくて大変なのはヘンツェ以来かな。

それにしても132人の声楽家が集まると物凄い音響です。
最大40パートに分かれていて、
新国の稽古場では大音量で鼓膜がビリビリ。
こんなのなかなか経験が無い。

おそらく二度と聞けないし歌えない。


g.p.含めあと2回。
力まずに頑張ってきま~す。







これが終われば明日から4日間宇佐美!
柑橘のお世話!!







…と草むしりです。

とまと

2015/08/17 16:46 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(2) Edit

ここ数日、雨が降ってくれて、
水やりの手間が省けて助かりますね(*^^*)

今年は春先の長雨、梅雨の長雨…
そして梅雨明けからの晴れ続きと極端な天気で、
植物たちには堪えるだろうなあ。
ダリアとかユリとかたくさん枯れました。。。



それでも、我が家のとまとは元気いっぱい!
わき芽もほったらかしなのでもはやジャングル。
囲ってある網を突き破ったり暴れ巻くり。
収穫は毎週こんなかんじです。



大玉はほとんど終わりですが、
中玉、ミニはまだまだまだ!元気です。
今年良かったのはフルティカ。
売れっ子品種の底力を見た…。

アイコも、皮が厚くて固めなので割れにくくて良いかんじ。

来年の参考にしよう。



~~~~~~~~~~~~~


先日の15日に浜離宮朝日ホールでのコンサート。
お盆にも関わらずたくさんのお客様にご来場頂き、
内容も満足感のあるものとなりました。





当日、リハーサルから本番まで少し時間があったので、
ホールの名前にある浜離宮へお散歩に行って来ました。




ホール楽屋口から歩いて五分くらいかな?
コンビニでお弁当を買って入園。




最初に出迎えてくれたのは300年の松。
丘のような巨大さ。




そして満開の百日紅。
見事な枝振り!
手入れが行き届いていて管理者の愛情を感じます。


せっかくだから一周してみることに。









お花畑もあって、季節にあわせて色々な花を植えているそう。





がんばれ!


巨木に圧倒されながらも美しい植物たちに元気をもらい、
日光を浴びて元気いっぱい!でホールへ帰還。



今回最後の最後にちょろっと歌うのは緊張したし、
多少力んだところもあったけれど、
無事に終わってホッとしています。



~~~~~~~

~久々のブルーベリー日記~


今年の春、生徒さんにブライトウェルの7年生をあげた。
想像以上にたくさん採れたそうで園芸仲間から非常に羨ましがられた様子。
私も欲しいわぁ~なんて言われたのよ~と。
じゃああげますか、と。


この子を嫁に出します。



ティフブルー7年生。

後ろの百日紅でわかりづらい!
2,5mくらい。鉢は45リットル。
ちょいと徒長枝もありますがシュートばんばん、サッカーも出てて元気いっぱい。
味も良いし丈夫だし育てやすいからあげちゃいます。

こんな立派な苗をなんであげるのかって言われたら、受粉率が低いから。
それに実を食べるのも好きだけど、
このくらい育ってしまうと育成の苦労が無いからつまらない、
というのはきっと僕がひねくれているからなのであろう。笑


近々、軽トラックを借りて来るそうです。
苗をあげた人はこれで5人目。

ブルーベリー仲間が着実に増えています。
ふふふ。

現代音楽

2015/08/01 23:14 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(2) Edit

鳥取の魔笛から帰ってきた次の日から二日間、
ツィンマーマンという現代作曲家の『ある若き詩人のためのレクイエム』という曲の練習。

そして今日はツィンマーマンの稽古から、
ダン・フォレストというこれもまた現代の作曲家の書いた『Requiem for the Living』
(生きる者のためのレクイエム)の練習のはしごでした。



現代音楽というのは広い意味の言葉で、
ここにはいろいろなジャンルの音楽が定義されると思います。

その中でも西洋のクラシカルな音楽の流れにあって20世紀後半から現在に至る音楽、
そして、20世紀前半までの従来の調性や規則にとらわれず、
それらを壊したところにあるなにかを求めて新しいものを追求、発見、表現していく人たちが作り出したもの、
それらを現代音楽と言うことが多いです。
これらを純音楽という場合もあります。

それに対して、ポップ、ジャズ、ロック、映画音楽等に代表されるのが娯楽音楽。
商業音楽ともいいますけれど。



なにが言いたいかっていうのは、
歌なり曲なり音楽は歌われて聴かれて演奏されてなんぼだと思っていて、
そしてマニア向けのものと大衆向けのもの、どっちがよくてどっちが悪いなんて言えないんですけれど、
今回僕が携わっているこのふたつの現代音楽が非常に対照的で面白いってことです。


ツィンマーマンのほうは、

「なにがなんだかわからない」
「意味不明」
「音取れない」
「歌えない」
「聞きにくい」
「なんかわかんないけどすごい」


こんなところの代表格な曲です。
マニアのマニアによるマニアのための音楽。
新たな音楽を模索し作り表現していく、そんな音楽。



対してダン・フォレスト。

歌ってみて聞いてみて、そこにあるのは慰め、癒やし、そして希望。
音も取りやすいし、歌いやすいし聞きやすい。
メッセージもダイレクトでわかりやすい。
ずっと聞いていられる、普遍的ななにか。




そして、レクイエム、Requiemというのは安息、という意味です。
死者にたいして、その安らかであることを祈って歌われる曲をレクイエムといいます。

が。

ブラームスの『ドイツ・レクイエム』に端を発した、
死者を弔う音楽ではなく、残された人を慰める音楽、
それがダン・フォレストのレクイエムです。


そしてツィンマーマンのレクイエムが誰にたいしてなのか・・・
ある詩人のため、とありますがこれが特定の人物をさすのか、
それは抽象的な表現であって不特定のひとたちをさすのかはまたわかりません。
そこまではまったく到達できていません。



私はどちらも仕事として歌っているので好みでどうこうは言えないし、
そのマニアックな曲を非常に楽しみに心待ちにしている人もいるわけです。


でも私は断然後者が好きです。


この曲を降る指揮者から話を聞いたとき、
ラター好きな長尾さんならちょっと聞いただけで虜になるはずです、と言われたのを思い出した。
確かにそうなった。

これはこれからたくさんの人たちに演奏され聞かれていくであろう曲です。

8月15日、浜離宮朝日ホールにてお待ちしております。
曲の終わりの方でちょこっとだけソロ歌います。

CLPJmSsUYAApjLv.jpg









対してツィンマーマン。

たぶん、いまあるオーケストラ付きの歌もので、
最も困難で難解で複雑な作品だと思います。
非常に高度な演奏技術を求められます。

ツィンマーマンは仕事を受けたのを後悔したし、
おそらく死ぬまでもう二度と歌う機会には恵まれないだろうし、
例えその機会が来たとしてもやりたくない。
練習二回目にしてそう思った。

でもだからこそ、
今回の演奏会は一期一会と思ってこの曲に向き合って、
一生懸命歌ってみよう!と思います。
このわけのわからない意味不明な曲を聴くためにわざわざ来る物好きなお客さんがいるんだもの。
その人たちの熱、期待に応えないわけにいかない。

8月23日。
サントリーホールでお待ちしております。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鳥取の旅日記は後日~♪

プロフィール

zigeuner710

Author:zigeuner710
こんにちは!
テノール歌手の長尾隆央のブログへ
ようこそお越しくださいました!

mixiやfacebookではなく、
まったくの個人のページが欲しいなぁと思い立ち、ブログを開設しました。

音楽のこと、日常のこと、趣味のこと。

そういったものを日記という形でUPしていこうと思います。

2012年よりここ横浜の我が家での、
趣味のいちごとブルーベリー、
家庭菜園の様子もUPしております。

リンクフリーです。

出演情報
2014年12月16日
日本合唱協会
バッハ作曲
クリスマスオラトリオ
於:東京文化会館

・・・・・・・・・・・・・

2014年12月14日
クリスマスコンサート
ピアノ三重奏+Tenor
於:レジデンス亀戸
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月30日
草加市演奏家協会
ハートフルコンサート
ハイドン作曲
オラトリオ「天地創造」
Sop:高橋彩
Ten:長尾隆央
Bas:植田真史

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月14日
西本智実/イルミナートフィル
オーチャードホール定期演奏会
オルフ「カルミナ・ブラーナ」
Chor:イルミナート合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年11月1日
ハイドンコレギウム
Haydn「Große Orgelmesse」
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
Orch:ハイドンコレギウムプレイヤーズ
Chor:ハイドンコレギウムシンガーズ
於:西浅草ミレニアムホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月24日(金)
東京トロイカ合唱団
第21回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
19:00開演
於:東京カテドラル聖マリア大聖堂

・・・・・・・・・・・・・

2014年10月2,5,8,11,14日
新国立劇場
「パルジファル」
指揮:飯守泰次郎
合唱:新国立合唱団
Orc:東京フィルハーモニー交響楽団

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月30日
栄光メサイアソサエティコンサート
Mozart「Requiem」
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年8月2日
コンツェントゥスムジクス東京
Bach「ヨハネ受難曲」
指揮:小久保大輔
Chor:レゾナンツカペレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月20
八王子フィルハーモニー合唱団
Faure「Requiem」
於:八王子オリンパスホール
詳細後日

・・・・・・・・・・・・・

2014年7月6日
ロシア芸術フェスティバル
小金井交流センター
音楽劇「寒い秋」
Bas:渡部智也
Ten:前田ヒロミツ他
ロシアの歌
Bas:岸本力
ロシアの合唱曲etc...

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月21日
日本合唱協会
第192回定期演奏会
「ルネサンス アカペラ」
お話:皆川達夫
指揮:金川明裕
Chor:室内合唱団日唱
開演 14時
於:渋谷区文化総合センター大和田
  伝承ホール

・・・・・・・・・・・・・

2014年6月1日
tomoya friends quartet
特別演奏会
Ten:前田ヒロミツ
Ten:長尾隆央
Bar:沼田盛也
Bas:渡部智也
清里音楽ホールセレナーデ

・・・・・・・・・・・・・

2014年4月11,18日
日本合唱協会
第191回定期演奏会
「華麗なるウィーン」
ウィンナワルツ特集
指揮:山崎滋
Vl:佐久間大和
Pf:松元博志
Chor:室内合唱団日唱

18:30 開演
11日 川口リリアホール
18日 青葉台フィリアホール



・・・・・・・・・・・・・

2014年4月6日
杉並オラトリオ合唱団
Mozart「Requiem」(レヴィン版)
客演指揮:ヴィート・クレメンテ
Sop:須崎由紀子
Alt:永井和子
Ten:小貫岩夫
Bas:小松英典

Traetta「Stabat Mater」
Sop:須崎木の実
Alt:奥野恵子
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也

管弦楽:アンサンブルofトウキョウ
合唱:杉並オラトリオ合唱団
東京ハウプトコーア




・・・・・・・・・・・・・

2014年2月23日
本多記念協会
バッハ作曲
「ヨハネ受難曲」
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央(エヴァンゲリスト)
Sop:井内理恵
Alt:柳原竜子
Bas:小藤洋平
合唱:コール・アトレ

・・・・・・・・・・・・・

2014年2月8日
東京海上フィルハーモニックオーケストラ
定期演奏会
ミューザ川崎
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:髙橋敦
Sop:山田英津子
Alt:木下泰子
Ten:長尾隆央
Bas:太田代将孝
合唱:東京海上合唱団



・・・・・・・・・・・・・

2014年1月25、26日
NHK交響楽団
第1774回 定期演奏会
NHKホール
オルフ作曲
「カトゥリ・カルミナ」
「カルミナ・ブラーナ」
指揮:ファビオ・ルイージ
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2014年1月12日
ハイドンコレギウム
五反田文化センター
バッハ作曲
「gmollミサ」
指揮:右近大次郎
Alt:池端歩
Tenor:長尾隆央
Bas:齊藤州重
合唱ハイドンコレギウムシンガーズ

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月24,25,26日
都響スペシャル
ベートーヴェン作曲
「交響曲第九番」
指揮:エリアフ・インバル
二期会合唱団

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月6日、7日
NHK交響楽団
第1770回 定期公演
NHKホール
ベルリオーズ作曲
「テ・デウム」
指揮:シャルル・デュトワ
合唱:国立音楽大学

・・・・・・・・・・・・・

2013年12月1日
横浜市中区音楽祭
指揮:長尾隆央
合唱:クワイヤーM

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月24日
草加市演奏家協会
モーツァルト作曲
歌劇「魔笛」
タミーノ:長尾隆央

・・・・・・・・・・・・・

2013年11月8日、10日
NHK交響楽団
第1766回 定期公演
NHKホール
ヴェルディ作曲
歌劇「シモン・ボッカネグラ」
指揮:ネルロ・サンティ

・・・・・・・・・・・・・

2013年10月20日
NPO音楽の共同作業場
オペラシティコンサートホール
ベートーヴェン作曲
「荘厳ミサ」
指揮:ジェームズ・ジョン
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月15日
日本合唱協会
東京文化会館
「まほろばを歌う」V
寺山修司 作詞
諸井誠 作曲
シアターピース「花札伝綺」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月10日
東京フィルハーモニー管弦楽団
第82回東京オペラシティ定期シリーズ
オペラシティコンサートホール
ヘンツェ作曲
「交響曲第9番」
指揮:沼尻 竜典
ピアノ:小菅 優
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年9月15日
八王子オリンパスホール
西本智美プロデュース公演
「カルミナ・ブラーナ」

・・・・・・・・・・・・・・

2013年8月2日
東京文化会館小ホール
日本合唱協会
第187回定期演奏会


・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月23日
杉並公会堂
Verdi:Requiem
指揮:郡司博

・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月6日
五反田文化センター
Haydn:聖ニコライミサ 他
指揮:右近大次郎
Ten:長尾隆央
orch&合唱:ハイドンコレギウム

・・・・・・・・・・・・・・

2013年6月29日
横浜はまぎんホール
読売カルチャーミュージックフェスタ
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
合唱:コール・アトレ 他

・・・・・・・・・・・・・・

2013月6月14,15日
NHKホール
Rossini:Stabat Mater
指揮:チョン・ミョンフン
Orch:NHK交響楽団
合唱:東京混声合唱団

・・・・・・・・・・・・・・

2013年4月20日
渋谷教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
合唱:青学OSOG合唱団
orch:CMT

・・・・・・・・・・・・・・

2013年3月25日
小金井市民交流センター大ホール
Mozart:レクイエム
指揮:右近大次郎
Sop:見角悠代
Alt:池端歩
Ten:長尾隆央
Bas:渡部智也 他
合唱:ハイドンコレギウム合唱団

00-2.jpg


2013年2月24日(日)
本多記念教会
Bach:ヨハネ受難曲
指揮:鈴木淳弘
Ten:長尾隆央
Bas:山村秋児 他
合唱:コール・アトレ


2013年1月12日(土)
新宿文化センター大ホール
音楽復興支援プロジェクト
Mozart:雀のミサ
指揮:牧野成史
Sop:石原千歳
Alt:三宮美穂
Ten:長尾隆央
Bas:井口和彦
合唱:所沢バッハアカデミー他

00-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

2012年12月2日
本多記念教会
ヘンデル:メサイア
指揮:鈴木淳弘
ピアノ:奥山初枝
Sop:鈴木晶子
Alt:柳原竜子
Ten:長尾隆央
Bas:沼田盛也
合唱:コール・アトレ



・・・・・・・・・・・・・・

2012年11月10日(土)
東大和市ハミングホール
混声合唱団もくせい
第9回演奏会
モーツァルト:レクイエム
指揮:小津 準策
ソプラノ:石田 美樹子
メゾソプラノ:甲斐川 ゆき子
テノール:長尾 隆央
バス:須山 智文
合唱:混声合唱団もくせい


・・・・・・・・・・・・・・

2012年10月19日(金)
東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京トロイカ合唱団
第19回全曲演奏会
ラフマニノフ:晩禱
2012web